ベビー用品あれこれ

赤ちゃんと公園に行くときはニット帽子があると便利

大人になると「帽子=ファッション」というイメージが強いですが、小さな子どもの場合、大切な頭を守るための必需品でもあります。たとえば夏場は、直射日光を浴びると熱中症になるリスクが非常に高くなります。

また、夕方の涼しくなってきた頃でも絶対に油断できません。できるだけツバの大きく、通気性のよい帽子を準備してあげましょう。

さらに、冬場になると、耳までスッポリ隠れるようなニット帽子があると寒さを凌げます。この季節は体が冷えて、どうしても風邪になる可能性が高くなってしまいます。我が家は公園へ行く時は、必ず帽子を被っていきます。

寒さの厳しい冬生まれの娘は、新生児の頃からニット帽が欠かせませんでした。外出するときに靴下と靴を履くのと同じように、帽子を被せるように心がけていました。

もし、帽子を被るのを嫌がるときは、ママも一緒に何か帽子を被るようにするのがポイントです。きっと1週間もしないうちに嫌がらなくなります。

尚、新生児の頃は、頭を覆ってあげるとお腹の中にいるような感覚になるので、安心すると聞いたことがあります。 娘も帽子を被せてあげると、よく眠ってくれました。「どうしても眠ってくれない」というときは、ぜひ活用してみてください。

スポンサード リンク

このページの先頭へ