お粥や豆腐にも使えます

離乳食初期の5ヶ月から使える食材にコーンがあります。甘くて美味しい野菜、私も大好きです。でも、コーンって、「コーンスープ」しかなくない?なんて思っているママさんが実は多いのではと思い、(私もそうでした…)そこで、コーンを使ったメニューをいろいろ調べてみました。

まず、主食に混ぜてしまうという手があります。「コーンのお粥」、「コーンのパン粥」など、やさしい甘みが加わって、お粥だけじゃ食べなくなってきた頃におすすめです。中期の7ヶ月以降は、これに粉チーズを少しふりかけてあげたりもしています。

意外な組み合わせに、「コーン豆腐」があります。これはママ友に教えてもらったメニューなのですが、本当に美味しいです。娘はもともと豆腐が好きなのですが、コーン豆腐は特に好きみたいです。タンパク質を手軽に摂れるので、しょっちゅうあげています。

さらに、もうちょっとアレンジをきかせてみようと、最近作ってみたのが「鶏ささみのコーンポタージュ」。野菜もタンパク質もいっぺんにとれる一品です。

【鶏ささみのコーンポタージュの作り方】
1.冷凍していた野菜スープ(モグモグ期の献立で重宝する野菜スープ)とささみをレンジで温める

冷凍した野菜スープとささみ

2.コーンと牛乳を加えてもう一度レンジで温める
3.余ったコーンは冷凍する

左が鶏ささみのコーンポタージュ 右が冷凍するコーン

ちなみに、私がよく使っているコーンは『キューピーベビーフード 北海道産コーン』です。うらごししてあるのでさっと混ぜられて便利。小分けして冷凍もできるので、ひと味加えたいときに使います。

あとは、『野菜フレークの大望』が有名です。ちょっとお値段が高いのでまだ使ったことはないですが、そのうち試してみたいと思っています。

また、このポタージュにお粥を混ぜてしまえば、「鶏のコーンドリア」になります。ネーミングはちゃんとした料理っぽいですが、ただごちゃ混ぜしただけですね。でも味はちゃんと美味しいのでご心配なく!

スポンサード リンク

このページの先頭へ