生後5ヶ月 便秘を改善するためにしたこと

「マママ~」や「パパパ~」など、ちょっとずつ発音できる音が増えてきた5カ月頃。「いないないば~」などにも、しっかり反応を示すようになってきたので、本当に可愛くてたまりません。

離乳食は焦らなくてよいと産院で指導されたので、わが子はまだ母乳のみですが、もう10倍粥などを与えているママ友もいるようです。

そろそろ離乳食を始めてもいいかなと悩みましたが、もう少し様子を見てみることに。そこで、夏に向けて麦茶やジュースにも慣れさせることにしました。

尚、「甘い飲み物は虫歯になりやすいから、なるべく与えない方がいいよ」と聞いていたので、まずはお風呂上がりや外出したときに白湯や麦茶を飲ませてみることにしました。

予想通り、初めはべ~と吐き出してしまいましたが、1週間もしないうちにゴクゴク美味しそうに飲むようになってくれました。

こうして喜んでいるのもつかの間、今度は1週間近くうんちが出なくなってしまったのです。なんとなく母乳を飲む量も減ってきたような気がしたので、便秘対策にりんごジュースを与えてみることに。

それでも効果がなかったので、赤ちゃん綿棒にベビーオイルを染み込ませて、お尻の穴を刺激してみるとやっと出てきました。綿棒を抜いた瞬間にうんちが出てしまうこともあるので、必ずおむつを下に敷いて試してください。

この日からママ友に教えてもらったベビーマッサージを実践してみることにしました。 お腹の上に大きな円を描くようにくるくると刺激を与えると、気持ち良さそうな表情を見せてくれます。

できればお風呂上がりなどが効果的ですが、洋服の上からでも大丈夫。おむつ交換のたびに取り入れれば、便秘が解消されること間違いなしです。

このページの先頭へ