生後8か月の娘について

赤ちゃんの歯磨きなんてまったく頭になかった7ヶ月頃の話です。ドラックストアでたまたま赤ちゃん用の歯ブラシを発見。、しかもその歯ブラシが6ヶ月からのもので衝撃を受けました。

「え!?もう磨かなきゃいけないの!?」、娘は下の歯が2本生えていたけれど、まさかもう磨かなきゃいけないなんて・・・。

本当に必要かどうか、困ったときは「ママ友に相談だ!」ということさっそく聞いてみたら、私と同じく全く気にしてなかった子、まだ生えてない子、下が生えて上も生えたから歯磨きトレーニングを始めてる子。歯ブラシじゃなくてウェットシートみたいなので拭いてる子。

み~んなバラバラの意見。そこで、試しに8ヶ月からの歯ブラシを購入することにしました。 購入したのは、ピジョンの「乳歯ブラシ レッスン段階2」。

ブラシ部分はやわらかいゴムのような素材で、歯ブラシの柄の中央にはのどを突っつかないようにするための安全プレートもついています。

さっそく娘に渡してみると、柄の部分をガジガジ…。「そっちじゃないよ~」と思いながら、まあ歯固めを買ったと思えばいいいのかなと思い、見守ることにしました。

そして、大人と同じ歯ブラシのスタンドに置くことにしました。3本並んだ歯ブラシは、見ているだけで「家族が増えたんだなぁ」と幸せな気持ちになれます。

そして、自分が歯を磨くタイミングで娘が起きていれば、一緒に磨くことができます。昨晩、久しぶりに渡したら、じょうずにブラシ部分をガジガジしていました。

尚、よだれがすごかったので、慌ててガーゼをあごの下にはさみ、自分も磨きながら、娘の歯ブラシを見守りました。「ちゃんと成長してるのね」気持ちがほっこりできる歯磨きタイムになりました。

スポンサード リンク

このページの先頭へ