ディズニーのおしりふきケース

出産を終えて約1週間。おむつ換えにも少しずつ慣れてきました。初めておむつ交換をしたとき、娘がうんちをしていたので、戸惑って看護士さんに「どうやって処理したらいいですか?」と聞いたのを今でもよく覚えています。

赤ちゃんの誕生が待ち遠しかったのに、いざ目の前にしてみると分からないことが多すぎて不安でした。 多分初めて出産したママたちは同じような感覚に陥ると思います。そんなとき、頼りになるのが母親ですよね。

「こうした方がいいんじゃない?」といつもサポートしてくれます。 そんな母親が育児にちょっと疲れが見えてきた私にプレゼントしてくれたのが、大好きなディズニーキャラクター・プーさんのおしりふきケースです。

「頻繁に使うものだから、好きなものの方がいいでしょ」と優しい声をかけてくれました。睡眠不足な日々が続くと、どうしてもマイナス思考になりがちです。でもそんなときにこのケースを見ると、「あとちょっとの辛抱」「頑張りすぎなくても大丈夫」と少し気が楽になりました。

ファッションで気分転換するように、育児中はこうしたアイテムでその日の気分がガラッと変わることもあります。 また、このケースのよいところは、とっても軽い力で蓋が開くことです。

片手で赤ちゃんの足を持ち上げながらおむつを換えなければならないので、助かります。ただし、ちょっと締まりが悪いのがデメリット。うっかり閉め忘れていても、おしりふきが乾燥することはないのでそれほど気になりませんが、神経質な人にはあまりおすすめできないかもしれません。

ただ、開いていた蓋をパチッと閉めてくれる娘の姿を見られるのはちょっと嬉しいです。私の家事を少しずつ真似してくるようになると、本当に可愛いです。「この子は世話好きになるのかな」「女の子らしい子になるといな」と、10年後、20年後の姿を思い浮かべてしまいます。

このページの先頭へ