生後11ヶ月の娘はこんな感じ

どんなに小さなものでも、興味を示すようになってきました。たとえば、身近なところにあるものだと、ティッシュや電源ケーブル、電卓などです。尚、娘はおもちゃよりも、実用品の方が興味があるようです。

でも、まだまだ何でも口に入れてしまう時期なので、本当に目が離せません。先日はパパの携帯電話を舐めてしまい、電源が入らない状態になりました(笑)。

さすがに子どものやったことなので、怒りはしませんでしたが、「危険なものを飲みこんでしまう可能性もあるので注意してよ」と叱られてしまいました。何か起こってからでは遅いので、気をつけたいと思います。

そして、つかまり立ちや1人歩きを始めるまで、「チョココロネのような足」に「ちぎりパンのような手」と言われていた娘も、少しずつ引き締まってきた気がします。でも、相変わらずご飯を食べたあとに、大量の母乳を飲みたがるので、残念ながらスリムになることはなさそうです。

また、ここ数カ月で次々と歯が生えてきているので、母乳を上げているときに痛いこともあります。本当は1歳を迎えるころに断乳しようかと思いました。

しかし、助産師さんには「無理やりやめさせることないよ。自然とやめることができる子もいるからね。なかには2歳、3歳になっても飲んでいる子もいるのよ」と言われたので、とりあえず保留中です。 もっと離乳食を食べられるようになってから、断乳に再チャレンジするつもりです。

ちなみにまだ前歯しか生えていませんが、野菜は柔らかく煮たもであれば、ちょっと形のある状態で与えています。「舌ですり潰せるような食材を選べば、喜んで食べるはず」と思っていましたが、やっぱり好き嫌いはあるようです。

かぼちゃやさつまいもなど、甘さのあるものは「もっとちょうだい」とスプーンを握ってきますが、小松菜やブロッコリー、ほうれん草などの野菜は、口に入れる前から「いやいや~」と首を横に振ってくるのです。

特に教えた覚えはないのに、きちんと意思表示できるようになっていたことに驚きました。 これから1歳~2歳になると、何をしても「いやだ」と拒否するいやいや期が始まります。

野菜を食べさせるのに苦戦していては、これから我が子に対応できないのではとちょっと不安になっています。母親としてもっと成長しなければいけませんね。

スポンサード リンク

このページの先頭へ