水だしコーヒーについて

子どもができてから、大好きなコーヒーをずっと我慢していました。カフェインは子どもに悪影響を与えるといわれています。でも、「やっぱり飲みたい」ということで、カフェインの少ない水だしコーヒーを作ってみることにしました。

大のコーヒー好きの両親によると、「水だしコーヒーは妊婦が飲んでも大丈夫!授乳中でも飲みすぎなければ平気だろう」ということだったので、安心して飲んでいました。

実は妊婦用のノンカフェインやカフェインレスコーヒーを試してみたのですが、味がイマイチでコーヒーを飲んでいる気分になれなかったのです。でも、水だしコーヒーは蒸らして落とす普通のコーヒーよりも飲みやすくて、美味しい。

感激しすぎて両親に「なんでもっと早く教えてくれなかったの」と電話してしまうほど。尚、水だしコーヒーは、胃もたれするようなこともないので、コーヒーの苦手な方にもおすすめです。無理にコーヒーを飲みなさい…とは言いませんが、ぜひ一度試してみてください。

そして、水だしコーヒーのよいとことは、アイスでもホットでも作り方は同じということ。しかも、決められたコーヒー豆を容器に入れて、水を流し込み、6~7時間冷蔵庫に入れて置くだけなので、手間がかかりません。

実家には、このポットが3本も冷蔵庫に入っています。コーヒー好きの方は、すぐに飲み終えてしまうので、替えのボトルを用意しておくことをおすすめします。

ちなみに、「少し濃すぎる」というときは、豆の量を少なくするだけで微調整可能。高級な豆はもちろん美味しですが、どんなに安い豆でもそれなりの味に仕上がるのもうれしいポイントです。

水だしコーヒーは、「妊娠中や授乳中だけど、美味しいコーヒーを1日1杯くらい飲みたい」という女性に絶対ぴったりです。

スポンサード リンク

このページの先頭へ