タイプ別の注意点

私も子供の保育園の送迎や買い物などにかなり重宝しています。 子供乗せ自転車には、前に乗せるタイプと後ろに乗せるタイプとありますが、それぞれのタイプによって対象年齢や注意点も違って来ます。

前乗せの場合
対象年齢は緊急性が無い限り、1歳過ぎからを目安とすると良いでしょう。 1歳未満の場合は腰がしっかりと座っていない事も多く、何かと不安定になりますから、同じ乗せるのなら、抱っこひもを使っておんぶした状態で乗る方がずっと安定します。

私も息子が1歳未満の時期から、おんぶして乗っていましたし、自分の体に密着している分、運転し難いと感じた事はありませんでした。 更に前乗せの場合、子供を自転車のハンドルよりも前側に乗せるのか、後ろ側に乗せるのかという事も考慮する必要があります。

ハンドルの前側が子供乗せになっているタイプならさほど運転に支障を来たす事はありませんが、ハンドルの後ろ側(手前側)に子供乗せを装着する場合は、運転に若干の支障が出る可能性があるという事を頭に入れておく必要があります。

尚、前乗せで乗せられる子供の年齢は法律上、4歳未満(15キロ以下)となっていますが、子供の体重を支えながらハンドル操作をする事を考えると2歳までが限界だと思います。 ある程度子供がお母さんの言うことを聞けるようになったら、後ろ乗せへ移行する方が無難だと思います。

後ろ乗せの場合
後ろ乗せの場合の対象年齢は、メーカーによってバラつきがあるものの、2歳からというのが一般的です。 「どの位まで乗せられるのか」に関しては、最大で体重22キロ以下、身長は115センチ以下となっています。

後ろ乗せは、前乗せに比べて安定した運転が可能となる反面、子供が急に予想外の動きをしたり、身を乗り出したりする危険もあります。 従って、よほど自転車の操作性に問題が無い限り(極端にお母さんが小柄であるなど)、ヘッドガードがあり、シートベルトも5点式で装着できるタイプがおすすめです。

また、万が一転倒した時の事も考え、乗車時には必ずヘルメットの装着は必須です。 私自身も何度となくヒヤッとさせられた場面に遭遇しましたし、こちらが気を付けていても、どんな事故に巻き込まれるかわかりませんので、しっかり準備しておきましょう。

このページの先頭へ