森のすやすやメリーってどんな商品

生まれたばかりの赤ちゃんに何かおもちゃを購入しようと思うと、なかなか難しいです。まだ物を握ることができないので、ガラガラなどのアイテムを買っても仕方ないし…。そんなときにおすすめなのが、コンビの「森のすやすやメリー」です。

赤ちゃんがゴロンと寝ている布団に置いて使ったり、ベビーベッドに固定して利用することもできるので、使用する場所を選びません。

我が家では、和室に布団を敷いて一緒に寝ていたので、枕元にこれを置いて遊ばせていました。もちろん何か目立った反応があるわけではありませんが、胎内音が鳴ると安心するのかピタッと泣きやんでいました。

大人が効くと、ちょっとうるさい音に聞こえますが、赤ちゃんはお腹の中にいたときの心地よさを体感できるのでしょう。 また、商品名の「森のすやすやメリー」ということもあり、小鳥のさえずりも聞くことができます。

ただ、小鳥のさえずりに関する娘の反応がイマイチ。まだ本物の鳥の声を聞いたことがないのに、こんな音を聞かされてもというのが赤ちゃんの本音かもしれません。

このほか、定番のブラームスの子守歌、エママエ・オーラ・リーの音楽が流れます。お子さんの好みがあると思いますので、いろいろ聞かせて反応をチェックしてみてください。

そして、手足を自由に動かせるようになってくると、ゆっくり動くクマやサルに手を伸ばして、引っ張ろうとします。その際、メリーが倒れて顔に当たってしまうことがあるので注意してください。

ちなみに娘は何度も顔面強打していましたが、それほど重たいものではないので、怪我などはしていません。1歳を過ぎた頃になると、自分でレバーを動かして音楽を流して体を揺らしてリズムに乗ったりします。

尚、購入したときに交換した単二電池4本は、先日ついに力尽きました。音楽が鳴らなくなったメリーを眺めて、ちょっと寂しそうな表情を浮かべているので、もうすぐ2歳になる娘のために電池を入れ替えてあげようと思います。

スポンサード リンク

このページの先頭へ