出産前に用意しておくといい

母乳パッドとは胸にあてて洋服が汚れないようにするもので、母乳の出がよい人は絶対に必要です。お風呂上りに体が温まると勝手にぽたぽた出てしまったり、赤ちゃんが長時間寝てしまうとカチカチに張って下着がびっしょり濡れてしまったりします。

母乳がたくさん出るのはありがたいことだけれど、産後の体がこんなにやっかいなことになるなんて思いもしませんでした。 出産前に産院でもらった母乳パッドがあっという間になくなり、旦那に薬局まで買いに走ってもらったことがあります。

薬局を3件もハシゴしてようやく見つかったそうですが、今思えば男が母乳パッドを探して街をさまようなんて、普通ならありえない。頼んだ私も悪いですが、それだけ産後はお互いにパニックだったのです。 そして、購入したの母乳パッドはとにかく高い。100枚くらいで800円もするんです。

パッケージには「授乳のたびに替えてください」なんて書いてあるけれどムリムリ!私はお風呂上りの1日1回交換していました。それでも毎日使う消耗品なので、なんとかならないかとネットで調べたら、手作りできることを知りました。

手作りの母乳パッド

「そうか、その手があったか」さっそく、母に発注しました。残念なことに私は手芸がまったくダメなのです。 母は快く引き受けてくれ、ガーゼを何枚も重ねて数枚作ってくれました。

付け心地はあまりよくないし、洗濯すると生地が硬くなってしまいイマイチな代物でしたが、母乳を吸収するという役割はきちんと果たしてくれました。

おかげで母乳パッドを買わなくてすむようになり、かなり節約できました。 そして、離乳食も進み、8ヶ月の現在はもう使っていません。けれど本当に何度も何度もヨレヨレになるくらい使って役に立ちました。

母に感謝です。旦那を薬局に走らせなくてすむよう、母乳パッドは出産前に手作りしておくことをおすすめします。

このページの先頭へ