離乳食スタート

最近よく「よだれ」が出るようになっていたので、いよいよ離乳食をスタートしてみることにしました。赤ちゃん用品店ですり鉢やこしきなどのセットを1つ購入し、早速10倍粥を作ってみると、なかなかお米が柔らかくならないではありませんか。

そこで、お鍋で作るのは面倒なので、電子レンジで簡単に作れる容器も買い足しました。 初めのうちはスプーンに1さじ程度しか食べないので、作ったお粥は冷凍してすぐにあげられる状態にして保存しておきます。

100円均一などで売っている離乳食用のパックは使いやすいのでおすすめです。 初めて口にするご飯はやっぱりべ~と吐き出してしまいました。でも、口の中に残ったお米をむにゃむにゃと味わっているようです。

そして、これからお米をしっかり食べてもらうために考えたのが、コーンのペーストやほうれん草など、少し甘味のある野菜を混ぜてあげることです。

また、弾力のある状態だとなかなか食べてくれないので、できるだけ水っぽい状態にしました。すると、前までスプーン1さじも口にしてくれなかったご飯を、「もっとちょうだい!」とおねだりするようになったのです。10倍粥がなかなか進まない方は、試してみてください。

さらに、離乳食をあげるときに注意しなければならないのが、アレルギー対策です。これまでミルクや母乳しか口にしたことがないのに、一気にたくさんの食材を与えてしまうと、一体どのアレルギーなのか特定できなくなってしまいます。

最低でも1週間ほど同じ食材を与え続けて、湿疹などの症状がでないか、小まめにチェックします。 ちなみに、少しでも反応が出た場合は、病院でアレルギー検査をしてもらった方がよいです。他にも気を付けるべき食材が見るかるかもしれません。

幸いわが子は特にアレルギー反応を示さなかったので、かぼちゃ、さつまいも、ブロッコリー、白身魚…と順調に離乳食を進めています。これからは好き嫌いのない子に育つように、味付けや食材の組み合わせを研究しないといけません。

スポンサード リンク

このページの先頭へ