安全に乗るために必要なこと

私の場合は2人の子供を同時に乗せたかったので、前と後ろに子供が乗せられる3人乗りを検討していました。 自転車選びの基準は、安定性と安全性が高いことはもちろんですが、電動か否かという点も大きな基準になりました。

というのも、自転車を使う主な目的である保育園の送迎で通る道の大半が坂道になっていて、私一人での運転でも相当疲れるのに、それに子供を2人乗せて走るとなると、相当不安定になる事が予想できたからなんです。

購入当初はまだ息子が1歳未満でしたので、前乗せは最低2年間は使う予定でした。そして、息子が後ろに移動する頃には現在4歳の娘は小学校に上がる年頃となる為、ちょうど良いかと思いました。

また、2人の子供が成長して私だけが利用できるように、前乗せ部分をかごに取り替え可能な自転車という点も考慮しました。

さらに、色々なタイプ、価格帯を見た中で、私が一番気にしたのは、車体の低さですね。 車体が低ければ重心が下になるので、運転の際にも安定感があります。

普通乗りの自転車に子供乗せを取りつけて子供を乗せたことがあるので、この車体の低さは購入の際に重要なポイントになります。 あと、乗り降りさせている時にふらつかない様、ハンドルロックがある物を選びました。

そして、通常使う道路の大半が坂道となる場合は、断然電動アシストの方がおすすめですね。 これも、電動アシスト無しで後ろに子供乗せて自転車で走った経験があるからこそ言える事ですが、自分1人でもきつい坂道を、子供を乗せて走るのは想像以上にきついです!

これにもう一人増えて3人乗りとなれば、電動アシストはやはり欠かせません。 保育園の送迎は毎日の事ですし、一日仕事を終えた後で迎えに行く事を考えると、疲労から運転が不安定になり、転倒事故に繋がることだってあり得ます。 子供の安全を第一に考えると、私にとって電動アシストは必須でした。

もちろん、坂道のない環境で使うのであれば、電動アシストはなくても大丈夫かとは思いますけど、子供を乗せて走るのは結構体力がいるので、お母さんの体力に合わせてその辺はチョイスすると良いかと思います。

このページの先頭へ