よだれかけはどんなタイプを選ぶといいのか

授乳を始めてすぐに、出産前に買っておけばよかったと思ったものがあります。それは「よだれかけ」です。新生児の頃は胃の形が大人と違うので、ゲップをうまくさせないとすぐに母乳を吐き出してしまいます。

ほんの少しでも服が汚れてしまうと、どうしても不衛生な気がしてすべて着替えをするハメになります。こんな風に過ごしていたら、1日何回着替えをしても洋服が追い付きません。

そんなときに大活躍してくれるのが、よだれかけなんです。尚、新生児用のものも売っていますが、首の後ろで留めるものではなく、前の洋服に引っかけておくだけなので、すぐに外れてしまいます。

そこで、おすすめしたいのが、もうちょっと乳幼児向けのよだれかけです。ボタンでパチッと留めるタイプなので、一度付けてしまえばとれる心配がありません。

また、こちらの方がデザインが豊富で、リーズナブルなものが多いです。長く使えるという面からも、新生児用ではなく乳児用のものを購入した方がいいです。

ちなみに娘は、大のよだれかけ嫌い!後ろに留めた瞬間に騒ぎ出して、取るまで泣き続けます。でも、クマのよだれだけは自分から付けてくれるんです。こんなに小さくても好き嫌いがあるなんて不思議です。

実はこのクマのよだれかけは、友人からプレゼントしてもらったものなのですが、販売店を聞いて洗い替えのためにもう1つ同じものを購入しておきました。

尚、「どうしても付けてくれない」というお子さんでも、他のアイテムに変えるとすんなり受け入れてくれることもあるので、ぜひ実践してみてください。 よだれかけを使用するようになってからは、着替えの回数は半分以下になりました。

スポンサード リンク

このページの先頭へ